ASTERISK 01

- TEAM building -


日時:2016年11月26日(土)14:00〜18:00

場所:表参道ASAC

内容:DIYを通じたチームビルディング

ローズマリーを使って、お肌にやさしいナチュラル化粧水をDIY

ゴールは、インスタグラムでどれだけ「イイね」を押さえれたか。


今日は、約6時間ぐらい掛けて、化粧品のDIY+パッケージデザイン+店頭展示ディスプレイのデザインを実施しまいた。当初、化粧品のDIYを4時間だけやる予定でしたが、なぜか色々と拘っていたら様々なデザインもして6時間経ってしましました。チーム力が、かなり深まり「DAY1」としては大成功です!


Step01

道具と材料の購入


キッチンスペースを使うことができないことに気づき、急遽ドンキホーテにてケトルを買うことに。

ケトルで煮てしまえば、フライパンで煮るのと同じだと気付いたのは新しい発見でした。

ケトル・・・999円(ドンキホーテにて購入)

ローズマリー・・・299円

レモングラス・・・216円

アップルミント・・・216円

マジョラム・・・299円

ラッピング類・・・1,229円(包むファクトリー渋谷店)

ケース類(合計6点)・・・1,827円(東急ハンズ)

精製水・・・142円

グリセリン・・・410円

合計 5126円


STEP02

ハーブの葉っぱを千切って、ケトルで煮詰める


アップルミント、マジョラム、レモングラス、ローズマリー、それぞれの茎を取ったり、形を整えたりしています。

庭いじりをしている気分になってきてちょっと楽しい。レモングラスはずっと嗅いでたいぐらい良い匂い♪

煮詰めるときに、ハーブ類の良い匂いがして、ついお腹が減ってしまいました。

5分間煮詰めるために、何回もケトルのボタンを押すのが面倒...

 

意外とケトルが熱いのでタオルが必要でした。最初は「ローズマリー+レモングラス」、次は「アップルミント+マジョラム」、最後は「レモングラスのみ」という組み合わせで様々なパターンを実験。3回目(最後)となると、メンバーのチームワークも向上して効率的に作業が進みます。また、葉っぱのカスを濾すためにケトルのフィルターが役立つことに気づく。


STEP03

煮詰めた液体にグリセリンを混ぜて、オシャレな容器に液体を移す


アップルミント+マジョラムを煮詰めた液体に、グリセリンを2.5ml(ミリリットル)入れると元の液体が少しドロッとしました。思ったよりも良い香りがせず、市販の化粧品の凄さを思い知りました。また保湿効果も思ったよりも感じず、ちょっと消化不良でした。

 

次は、ローズマリー+レモングラスの組み合わせの液体に同じようにグリセリンを投入。これはスプレータイプに入れてみました。スプレーから思ったよりも良い香りが漂い、この組み合わせは成功したなと、密かにグループのメンバーでガッツポーズ!

 

オシャレなビンに移してみたり、色々と試してみました。結構店頭に売っているような感じになったのが嬉しかったです。ビンに拘ってみたり、ラッピングを工夫したり、この実験にかなり時間を割いていたので、今回のチームは結構、見た目のデザインにこだわるチームになりそうだと思いました。

 

容器に入れて、シールを貼るだけでは満足せず、ブラックボードとチョークを調達して、店頭でもし売るとしたら、どんなディスプレイ(店頭での見せ方)をどうするかまで深く検討しました。これに1時間以上も掛けていたので、デザインへのこだわりが強いことがわかります。


DAY1 FINISH