Asterisk DAY12

- Detail Design -


- Time -

2017年3月4日(土)13:00〜17:00

- Place -

有楽町駅付近のオフィスの会議室

- Contents -

1. Research Share 1 hour

2. Marketing Design 1 hour

3. Product Detail 1.5 hour-

5. Next Action 0.5 hour

- Goal -

マーケティングのストーリーの書き起こしと、プロダクトの素材の検討


Research share


まずは、前回調べたカシミア、アルパカなどの素材の特徴を加味して、最適な素材の検討をしました。 ポイントは、以下4点の特徴を満たすことができるかどうかを、布を扱う専門家を招いて、あーだ、こーだ、1時間弱話し合いました。最終的に縮絨する製作方法を採用することで、機能面2を満たすことできるとわかり、機能面1(保温性)を担保できかつ、縮絨により高級感と機能面2を満たせる素材を次週、吉祥寺にある「アヴリル 」に赴くことにしました。 収納面:小さく折りたためるか? デザイン面:高級感が出る見た目に出来るか? 機能面1:熱を保温できる素材か? 機能面2:選択しても縮まないか?

まずは、前回調べたカシミア、アルパカなどの素材の特徴を加味して、最適な素材の検討をしました。

ポイントは、以下4点の特徴を満たすことができるかどうかを、布を扱う専門家を招いて、あーだ、こーだ、1時間弱話し合いました。最終的に縮絨する製作方法を採用することで、機能面2を満たすことできるとわかり、機能面1(保温性)を担保できかつ、縮絨により高級感と機能面2を満たせる素材を次週、吉祥寺にある「アヴリル 」に赴くことにしました。
収納面:小さく折りたためるか?
デザイン面:高級感が出る見た目に出来るか?
機能面1:熱を保温できる素材か?

機能面2:選択しても縮まないか?


Marketing Design


17237026_1654184734883724_1279941829_o.jpg

次に、これからのアクションに関して話し合った。
3/22日にある展示会に向けて、POPやスライド作成など必要なことの確認やそれについて議論をした後に、プロダクトのストーリーを話し合った。

最初30分ほど、議論をしてプロダクトの強み、弱みを話し合った。
改めてプロダクトに関して、話合うことで自分たちのコンセプトを思い出すことが出来た。

・コンセプトが「ぬくもりを持ち歩く」であること
・女性対象のプロダクトなので、感覚的に感情的に訴えるストーリー構成が大切なこと。
・視点として、

原価とコンセプトから、20〜30代の女性にターゲットを設定したので
朝起きてからかばんに入れてもらい実際に使ってもらうまでのストーリーを想定して考えた。

途中から上手く進まず行き詰まったので、ホワイトボードを使ってビジュアル化しながら話すことにした。


文字や言語化したことをイメージに置き換えることによって、新たな意見が出たり議論が活性化した。
当たり前かもしれないけれど、大切なことだ。


Product detail


17273259_1654184731550391_1492913402_o.jpg

ここで、メンバーの知り合いで
テキスタイル科を卒業している方が来てくれたので
プロダクトの素材について話を聞くことが出来た。

 (テキスタイルとは?英語で言うと「織物」「布地」のことで、その加工前のものを指して言うことが多い。)
⇛つまりは生地の製作〜デザインのプロフェッショナルのことである。
「今回の悩みにぴったりの専門性を持った方」に来てもらうことが出来た。

ヒアリングでは、
今までの商品のコンセプトや現在考えている理想形などをシェアした。
話を聞くより、やってみた方が伝わるとのことで

実際にプロトタイプを使ってもらい意見を聞くことになった。
すると、現在の使用シーンだと

・暖かくなるまでに時間がかかること
・お尻に敷いて使うイメージ(使用シーンが、お花見や野外イベント、スポーツ観戦など)よりは

ひざかけの方が合っているのではないか?
など新たな発見があった。


17236960_1654184684883729_560662141_o.jpg

それから会議室に戻り、

発見できたフィードバックを元に、
「ひざ掛けにするか・お尻に敷くものにするか」というポイントから話し合ったところ


長時間座る場面があまりないこと
暖かくなるのに、少し時間がかかることから
⇛ひざ掛けに特化することに決定をした。

その上で、マーケティングプランで出したポイントである
・ターゲットは20〜30代女性
・値段感は原価から〜8000円

の条件から、素材について話し合ったところ

高級感を出せるもの
実際のプロダクトサイズ

熱の伝導性がどれくらいあるか
洗濯をしても縮まないこと
毛玉が立たないこと
収納を出来るように小さく折りたためること

が項目として上がったので、
これらに関して、実験を行う予定だ。

 


Next action


素材の検討

マーケティングプランの検討


FINISH