ASTERISK 02

- THEME MAKING -


 

- Time -

2016年12月3日(土)14:00〜18:00

- Place -

東京駅八重洲付近のオフィスの会議室

- Contents -

1. FIVE FAVORITE ARTICLE SHARE 1hour

2. Visualization and structuring of ideas 40 minutes

- rest time 15 minutes -

3. Brainstorming 01 1hour

4.Brainstorming 02 0.5hour

5.Loft Research 0.5 hour

6.Drinking party 1.5 hour

- Goal -

プロトタイピングすべきアイデアの創出


FIVE FAVORITE ARTICLE SHARE


3人の気になった記事を1記事あたり3分ぐらいで紹介しました。女性目線で気になるデザイン性が高いプロダクトの紹介や、マーケティング目線での記事など、かなり紹介される記事に多様性がでました!

[こちらは紹介した記事のリンク先になります]

http://jp.misfit.com/products/shine/

https://pechat.jp/

http://www.igrekparis.com/product/HAIRBEAUZER/

http://www.kenko-tokina.co.jp/imaging/camera/digitalcamera/mini.html

http://ascii.jp/elem/000/001/224/1224893/

http://wired.jp/2016/11/30/walmart-uses-blockchains/

http://wired.jp/2016/11/23/kano-beautiful-diy/

http://nge.jp/2016/11/30/post-136438

http://www.moguravr.com/backpackpc-vr-one/

http://qosmo.jp/projects/2016/11/21/ai-dj-human-dj-b2b/


気づきの可視化と構造化


各人が記事の紹介で気づいたことや気になったことを、5分間でポストイットにまずは書き出しました。その後、それぞれ書いた内容を一つずつコメントしながら、気づきを構造化いたしました。その中で、深掘りするテーマも決まりました。特にMERY派、キナリノ派の女性の生態系についてのディスカッションが盛り上がったこともあり、アイデア出しするテーマが「女性×No Design」になりました。


BRAINSTORMING 01


「女性×No Design」というテーマで思いっきりアイデアを出してみました。5分間かけて26個ほど3人でアイデアを出したあとは、ディスカッションしながら、合計82個まで1時間で増やしました。ここでは、記事をシェアした時の気づきを生かして様々な視点でブレインストーミングをしました。現時点で、筋の良さそうな方向性は、防災キット、ショッピングカート、工具の3つ。


BRAINSTORMING 02


アイデアを出し切ってから、どのアイデアの方向性で検討するべきか、プロトタイピングをするアイデアはあるか等、メンバー全員で知恵を振り絞って検討しましたが....

残念ながらそのようなアイデアはないことに気がつきました(笑)

なので、とりあえず「有楽町LOFT店」に赴いて、案外女性向けにデザインがされていないものがないかを調査することになりました。このときの心情は半分やけくそに近く、とにかく助けを求めていたという感じです。LOFTに行けばアイデアが降ってくるだろうという淡い期待を抱いて移動しました。


LOFT RESEARCH


20161203_Images-01.png

ロフトでは、各々が気になったものを20分間掛けて収集することにしました。それぞれの気になったプロダクトにも多様性が垣間見えます。例えば、防犯ブザーが30代女性には持ちたくなるようなデザインになっていないとか、地球儀とかリデザインできるのではとか、そもそも分厚い雑巾ってニーズがあるのかなど、様々な発見がありました。このリサーチをやって最も良かったことは、結構女性向けにデザインしているものがあったり、以外とそうでもないものがあることを発見できたことです。改めてリサーチの大切さを実感できました。


懇親会


この懇親会では、アイデアの神様が降りてきました。全く良いアイデアが出ていなかったのですが、色々と中華を食べながら考えていたら、やはり女性の悩みや課題をベースに考えないといけないよねという話をしていたときの何気ない会話から、プロトタイピングすべきアイデア、それも女性の課題を解決する可能性の高いものが浮かびました!

やはり、苦しいほどアイデアを考えると、良いアイデアが出るものですね。ということで、来週に向けて各々アイデアのプロトタイプングやニーズのヒアリングをすることになりました。


DAY2 FINISH